ADDだけど寝る

アラフォーにして、ADDが判明。
よく気の利くキレイ好きなしっかり者の女性になりたかったけどなれなかった。
ADDな自分をふまえて、過去と今を考察してみる。

体調不良2

突然喉が乾燥したかと思ったら、激しい咳が出る。

鼻は詰まってもいないのに鼻声になる。


え、風邪?

まさか、この私が?

サバイバーコロナT細胞を医療に活かしたいと思ってる私が?


そんな信じられない。

これは新種の風邪に似た何かの病気─────!!




はい、失礼しました。

ウザいのはここまでです。


風邪ひいたっぽ( ´• _ •` )

どこから拾ってきたんだろ?


咳する度に体温が上がっていく気がするけど、熱でるのかな。


熱出したのなんて何年前の事だろう?


記憶に残ってるのは、8年くらい前。

熱があるの分かってるのに、その時も久しぶりで何をしたらいいのか分からなかった。


後から考えたら、冷えピタとか解熱剤飲むとか、風邪っぴきらしい対処法は思いつくのに。

その時は、ただ唸りながら寝てるだけでした。

当時、一人暮らし真っ最中。

誰かに助けを求めるのも思い付かなかった。


いえ、風邪で熱出した程度で人様呼んだりしませんよ。

汚部屋に呼んで看病させるとか、申し訳なさすぎるw


あ、その風邪の治りかけの時、咳してたらギックリ腰になりました。


激痛に悶絶した。


痛くて寝返りもできない、着替えもできない、トイレに行く時は痛くて脂汗。


ギックリ腰、なめたらあかん。




ダラダラ思い出話してしまいましたが、寝ます_(-ω-`_)⌒)_


皆様、お身体にお気を付けください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。