ADDだけど寝る

アラフォーにして、ADDが判明。
よく気の利くキレイ好きなしっかり者の女性になりたかったけどなれなかった。
ADDな自分をふまえて、過去と今を考察してみる。

やる気の出る薬


おわかりいただけただろうか。


分からない方の為に問題部分を拡大。


さらに拡大。


いずれ世界を支配すると言われている猫様のご尊顔である。
暗がりに浮かぶ猫様を捕らえた貴重な一枚。


可愛いのう
可愛いのう




では本編。


先日、病院にてお薬を増やしてもらいました。
具合が悪くなったからというのではなく、「やる気の出る薬」との事でお願いいたしました。


このお薬ね、どこかで聞いた気がする名前だなぁ、と思っていたのです。


飲んだ次の日、頭がボーっとしてちゃんと起きているつもりですが、夢の中のような感じでした。
そして朝ご飯を食べていてふと気づく。


あれ、味が変わってる。


特別何か無ければ、私の朝食は納豆です。
それはもう、飽きることなく納豆です。
一人暮らしの時はパンの方が楽でパン派だったのですが、ご飯があればやっぱり納豆ご飯。
その納豆の味をあまり感じませんでした。


そう思いつつも、仕事に向かう為に支度をする。
頭がボーっとする。


(今日は事故ってもおかしくない気がする)


という、危険極まり無い事を考えつつゆっくり支度をする。


ボーっとしながら職場につき、ボーっとしながら仕事をする。
いつもボーっとしていますが、それに輪を掛けてボーっとしている。


足がむくんで、荷物を持つのもとても疲れる。
機敏に動こうとするとめまいがする。


どう見ても副作用ですほんとうにあり(ry



家に帰ってから調べたら、かなり昔に別の病院でもらった事のあるお薬でした。


あ、ボーっとする副作用や味覚異常は初日だけで、それ以降は治まりましたよ。
先生にも初日は眠くなると言われていたので、その通りでした。



なぜ、昔もらった薬と同じだからわざわざブログに書くのかと言いますと。


前飲んでいた時、恐ろしい程甘いもの中毒と便秘とのコンボで1ヵ月に5kg太ってしまったのを思い出したからです。
あの時の甘いもの中毒は恐ろしかった。


副作用として、食欲が抑えられなくなる症状もあるらしいです。
今回は今のところ無事。


当時はそんな副作用は知らず、私は摂食障害にでもなったのかと思いました。
今も昔も菓子パンをあんなに食べていたのはあの時だけです。
元々、菓子パンよりも惣菜パンの方が好きで、「甘いモノはおやつにしかにならん! ご飯はしょっぱいモノを出せ!」な人生でしたので、自分にびっくりした。


もちろん、甘いモノもしょっぱいモノも過剰摂取はよくありません。


ちなみにすっぱいモノは苦手です。


では ノシ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。