ADDだけど寝る

アラフォーにして、ADDが判明。
よく気の利くキレイ好きなしっかり者の女性になりたかったけどなれなかった。
ADDな自分をふまえて、過去と今を考察してみる。

共依存てさ

朝、ちゃんと起きられたかどうか報告です。



結果:そもそも寝られなかった



眠剤仕事しろww

レッツゴー陰陽師、意味無し。





一昨日、共依存について触れていました。

恐らくいろいろな対人関係で共依存に知らず知らず陥っている方もいらっしゃると思います。


私の場合は、対自己愛人格障害の方でしたが、少し思う所を。


まず、人格障害の兆候が見られたら距離を置く。

これがベストです。

賢い方はここでちゃんと観察するでしょう。


しかし、なぜかそういった人には魅力的な方が多く、私などは無い胸がキュンとなったりします。

外面という所では、とても自信に満ちて人当たりもよく、人を楽しませるのが上手なのです。

特に私のように自分に自信の無い人間から見ると、この人についていきたい! という感覚さえ沸いてきます。


でも、そうじゃない。

人格障害の方は常に自分は賞賛されるべき人物であって、自分の考え、自分の言葉が真理であって、少しでもプライド傷つくと手がつけられないキレ方をします。

元の優しい面影は全くなくなります。

どれだけ相手が酷い人間で、そのせいで自分は傷ついた。

自分のようなできた人間になんて失礼な奴、お前などゴミ以下だ。

という内容を、ここに書けないような言葉で罵倒してきます。

それで相手が自分から離れようものなら、いろいろな手段で繋ぎとめようとします。

それでも繋ぎ止められない時には、また怒りが爆発します。

何ていうか、とにかく恐怖です。


“話し合う”という行為は正直、無理です。

ただ、共依存に陥った場合に限るのだとは思います。


人格障害の方はなぜか人を順位付けしたがります。

私などは完全に格下扱いでしたので、精神が潰れる程に叩きのめしてきました。



いろいろと書きましたが、ここでその人は何を考えて、何を感じているのだろう、と思ったりしません?

しないかな汗


私から見たら、その人はとても苦しんでいるように見えていました。

世の中がどれも不満ばかり。

自分はいつも被害者。

なぜこんなに出来た人間がこんな目に遭うのか。


もう根本からアレなのですが。


人格障害になる生い立ちは決して幸せとは言いがたい事が多いらしいです。

その結果、このような考え方をしてしまうようになり。

それがズレているのを気づかない(?)のか、気づこうとしないのか、世の中の自分へ対する評価にいつも不満を持っています。

なので、評価されない悲しみ、それを分かってもらえない怒り、それによって見捨てられる不安が渦巻いているのではないかと思います。

だから自分のプライドを守る為に嘘をつき、人を陥れる。

自分の悪い所を指摘されれば、自分は本来素晴らしい人間なのに、お前ごときが何を言うんだ! とブチギレ。


これが、子供同士の小さな喧嘩で、あいつがムカつくから悪口言ったんだよ。なんていうものではなく、人格障害の方は“ガチ”でそう思っています。

この人の望む幸せは、誰からも賞賛され崇められ、自分の不安を打ち消してくれる事。

当然、立派な王様でもなければ、それだけの実力も人格も持ち合わせていない。

だから永遠に幸せになれず、常に不満と不安と悲しみを感じているのではないでしょうか。


と、こんな事を書きましたが、もう私は二度と関わりたくないです←ぉい

本当は、その考え方を変えたらもっと楽しく過ごせるよ、と気づいて欲しかったのですが、逆に私がおかしくなってしまいました。



共依存中の私は、恐らく麻薬中毒者のようになっていたでしょう(前も書いたかな)

とにかく、精神を人格を潰されて潰されて潰されて、気まぐれに手を差し伸べられる。

これを何回も繰り返され、しかも私はその人にゾッコンラブ(古w)

感覚はどんどん麻痺していきます。

麻薬中毒より、ジェットコースターの方が近いのかな?

私はこの人に必要で、私もこの人がいないと生きていけない。

よく、DVを受ける妻の言い分としては「優しい所もあるの」

まさにその通りなのですよ。

もう生きている意味がよく分からないくらいに悪態をつかれ、もういっそ気が狂ってしまえばいいと思っている時に、「ね、明日は家で一緒に鍋しようよ。コロナのご飯食べたいなー」などと平気で言ってくる。

※ごめん、という言葉は絶対使わない

今、ここで書いていると、コロナ逃げてーーー! と思いますが、その時はその優しさで辛かったのが吹き飛んだような気分になってしまうのです。

最初は何て気まぐれなんだろうと怒りもありましたが、いつしか機嫌が治った事に束の間の安心と愛情を求めてすがっていたのでしょう。

これを何回も何回も繰り返されると、やっぱりどこかおかしくなってしまうようです。


それでも、その人がキレないように、刺激しないようにしていても、何てこと無い日常会話でも突然キレてとにかく暴言が雹のように降ってきて全身に叩きつけられるように傷つけられる。

もし、この頃手近に本物の麻薬でもあれば、そこに行っていたと思います。

入手方法も分からず、でも何か感覚が少しでも麻痺できるものは無いかとタバコを吸うようになりました。

麻薬に比べたら可愛いモノだと思いません? お、思わないかな・・・・・・。


またダラダラ書いてしまいましたが。

人格障害の方もまた、闇を抱えている人が多い。

自分は賞賛されるべき特別な人間だ、という考え方さえ変わればもう少し楽に生きられるんじゃないかな、なんて思います。

自分も辛い、周りも辛い。

もう別の世界に住むしか対処法は無いです。

でも、人格障害者だって、注意欠陥障害だって、精神障害者も身体障害者も一応生きて同じ世界で生活をしているんです。

そしてやっぱり傷ついているんです。


その人を頭から否定をするより、その中身を覗いて楽になれる方法があるなら少しでも助けたいと思ったり、しない、かな・・・・・・?

その余裕も無いくらいにめちゃくちゃに破壊されますけどw←ぉ



世の中、普通に生まれて普通に成長して、普通に結婚して普通に子供生んで。

普通に生きていられるだけで、素晴らしい事なのだと思います。


何かしらの障害や闇を抱えている人はきっといっぱいいます。

でも、生物の本能なのか、それを見て見ぬフリ、異質なもの、危険なもの、近寄りたくないものとして捕らえる。

関わらないで済むのなら、それに越した事は無いのは分かります。

自分の身を守れる賢い人が一番幸せになれるのは分かっていますが、こんな世界がある事も知ってほしい。


周りが自分を認めてくれないと思う中で、彼らなりに必死にもがいているのでしょうね。

私に言われたくないかw


私なぞは内に向かってしまうタイプ。

彼らは外に向かってしまうタイプ。


どちらも不器用なんでしょう。










高倉健かよ。





でも、やっぱり共依存はもうゴメンですわ(´>∀<`)ゝ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。