ADDだけど寝る

アラフォーにして、ADDが判明。
よく気の利くキレイ好きなしっかり者の女性になりたかったけどなれなかった。
ADDな自分をふまえて、過去と今を考察してみる。

ADHDに気付かなかった原因

私は昔からどこか抜けてると言われていましたが、家族はもっと抜けていました。


母親「今日家の鍵持って出掛けるの忘れちゃってさー、コロナの部屋の窓開いてたからそこから入った」


エントリーNo.1 物忘れ常習犯、コロナ母

その他、カバンをどこかに忘れてくる、整理整頓はしているが何がどこにあるか忘れる、ちょっと神経質。



姉「あ、もしもし、昨日そっち行った時にまた携帯の充電器忘れてきちゃった、今日取りに行く」


エントリーNo.2 ハイパー天然お花畑、コロナ姉

とにかく天然。私でさえ天然神と崇めたい程の天然。そして頭の中は常にお花が満開。



こんな方々と暮らしてきた為、私の不注意や物忘れなどは「これはお母さんの血なんだ」で済ませていました。

むしろ、男性のいないコロナ家では私が男仕事をやっていました。

高い所の電気の入れ替え、重い物を運ぶ役、そして成績もボチボチ良く、活発だったので、将来を期待されていたと思います。

実際、こんなんなっちゃいましたけど。


この中で「コロナは忘れ物が多いんじゃない?」と責められる事はありませんでした。

全部ブーメランになりますから。

宿題はやっていませんでしたが、先生に提出する日記だけは毎日つけていたので、ここもセーフ(セーフじゃないけど)

朝起きられない、嫌な事を目の前にするとグダグダしてしまう、提出物が締切に間に合わない。

それは昔からでしたが、

母「コロナはどっか抜けてるんだよねー」

姉「そりゃ、お母さんの血が流れてるんだし」

私「お姉ちゃんは多分、もっと濃いよね」


そんな会話してたので、発達障害で病院に行こう、というような話は全くありませんでした。

私が知る限り。



これがいいのか悪いのか分かりません。

でも、家でこんな感じではあっても、学校では変人の位置にいる。

んー、ま、いいか、みんな笑え笑え〜ヽ(*゜∀゜*)ノ


と、結局、発達障害なぞ話題にも出ませんでした。



さて、社会人になり私のクズが表立ってきた頃、「片付けられない女達」という本の存在を知る。


片付けられない理由は、気がアチコチに逸れてなかなか綺麗にならないというものでした。

私は部屋汚いけど、そういう理由じゃない、やればできるけど、面倒だからサボってるだけ。

(でも実際はゴミの山を見て、どこから手をつけていいのか分からなくなって、何も出来ない)

職場は比較的綺麗にしてるし。

うん、私にはこの本関係ないな。


ここで第1のきっかけスルー。



ADHDは計画を立てるのが苦手と聞きました。

が、私はだいたいの予定は考えてます。

ただ、その通りに進む事が滅多にないだけで。

「予定は未定」という言葉どおり、予定=目標=出来るとは限らないという偏った考えの下で漠然と作るので、その通りにならないならその場て予定変更となります。


これを私は予定ちゃんと立てて動いてんじゃん。

みんなスケジュールに縛られすぎたら未完成だよ!

と思っていました。


第2のきっかけスルー


あぁ……(´;ω;`)

あぁ…………(|||´Д`)



そんなこんなで、ADD発覚が遅くなったのだと思います。


んー、でも分かってたとしても何か変わる事ってあるのかなぁ?



むむー、眠くなってきたので寝ます_(-ω-`_)⌒)_

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。