ADDだけど寝る

アラフォーにして、ADDが判明。
よく気の利くキレイ好きなしっかり者の女性になりたかったけどなれなかった。
ADDな自分をふまえて、過去と今を考察してみる。

料理と私

昔、寝る前によくあった事。


一瞬先に考えていたことを忘れてしまって、でもそれを思い出したくて、布団に入った時からもう一度何を考えていたか順番に思い出してみる。


勝率5割。




先日、大量に唐揚げを作りました。

私の唐揚げはにんにく多め味濃いめの、酒のつまみにイイね! という味です。


毎回似たような味になるのですが、入れる調味料の分量はかなり適当なので、何を何ccなどは特に測っていません。

味見して、薄いなと思えば醤油を足し、美味しくなるかもと麺つゆ入れたり、ゴマ油入れたり、はちみつ入れたり、焼肉のタレ入れたり気分次第です。

でも、出来上がりの味はあまり変わらないので、なんとなく目指している味を考えながら作っているんだと思います。


んで、その大量の唐揚げを母親が近所の方におすそ分けしました。

なかなか好評だったようです。


好評なのは嬉しいのですが、作り方教えて! と言われると困ってしまいます。

にんにくやら生姜やら、醤油にお酒に……、普通の唐揚げなんすよ。

一味足りないと思ったら、適当な調味料入れてるので、毎回入れるものは変わるし分量も変わる。

どう説明すりゃいいんだ……。


私は料理作るのは好きですが、だいたいカンで作っています。

これは素揚げしたら美味しそう!

これは煮浸しにしたら美味しそう!

これはパスタに絡めれば美味しそう!

味見しながら作ればそれなりのものができます。


私の母親はあまり料理が好きではないのと、アレンジが思いつかないようで、私が作ると喜びます。

「おいしい、若い人の食べ物だね〜!」

いえ、どう見ても汚ばちゃんですけども。



今更ながら小学校や中学校時代を思い出してみると、コロナ家の食事は手作りのものが少なかったように思います。

母親は、Cook Doなどの混ぜたらすぐ出来上がる〇〇の素が多く、スーパーのお惣菜やお刺身がよく出てきました。

得意料理の卵焼きとわかめサラダは好きでした。

祖母は母親が仕事に行っている時に作っていましたが、キャベツの千切りに冷凍食品乗せて出すだけ。

(ハッシュドポテトってオカズなのかな……)

と思いながらモグモグ。

時に「美味いから温かい内に食え」

と言って炒め物を出してきた事もありましたが、どう見てもテロテロのナスの塩炒めでした。

私の味覚がおかしいのかなぁ、と思いながらモグモグ。

後に、これがメシマズだったのかと、ちょっと思いました。


こんな感じで、コロナ家の「家庭の味」「おふくろの味」というのは何なのか未だに分かりません。


私が今作る料理はみんなどこかで見たレシピと、外食して美味しかった物を模倣してるだけだなぁ、と。


スーパーに行って、例えば鶏ムネ肉が安かったら、おっしゃ、香草焼きしたろ、とか、ナスがあればナスのオーブン焼きしたろ、とか基本行き当たりばったりです。

しかも適当に自分好みの味付けで。


多分、調味料を入れる度に変わる味と、それを食べる人の「おいしい!」という言葉がとても嬉しい。


とは言っても、まだまだ料理は我流が多いので、基本的な事も覚えないなぁと思っております。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。