ADDだけど寝る

アラフォーにして、ADDが判明。
よく気の利くキレイ好きなしっかり者の女性になりたかったけどなれなかった。
ADDな自分をふまえて、過去と今を考察してみる。

猫先生

足を負傷しました。


↓グロ注意


白いレースのお姫様っぽく加工してみました。

それでも何より、アラフォーの足という辺りがグロ注意。



傷口ぐちゃーな負傷でなく、右足の上に木のテーブル落としてしまいました。


打撲なのかな?


落ちた時はじわーんと痺れて、ずんずん痛くなってきました。

いつもの通りにしゃがんだら、激痛で息止まりましたよw


歩くと痛いから、右足を庇いながら歩くと左足に負担が来て、すんげー疲れるのね(´×ω×`)


体重が足に乗る度痛くて心の中は嵐の如く泣き叫びました。


痛い痛い! い~た~い~!!

痛いのヤダヤダヤダ〜~〜((└(:3」┌)┘))

痛いのどっか行ってようわぁ〜ん!!。゚゚(*´□`*。)°゚。



ね、見た目はBBAでもこんなモンですよ。


でも同僚には

「足怪我したかも。痛くてうまく動けないかもしれない、迷惑かけたらごめんね」

と、大人の笑顔で対応。


そうそう、こんなモンです。


そして実際、動きが鈍かった。

まず、走れない。

重いものが持てない。

何か持ち上げるのって、無意識に足を踏ん張ってるんだねー。


仕事の中でも、「力仕事」は私の出番だと思っているので、手助けにいけないのは申し訳なく思います。

「力仕事」ね、私が一般女性より優れている数少ない能力なんすよ。


なぜか昔から腕力(筋力?)が強かった。

力仕事は、やはり女性にはキツい。

でも、同じ荷物を背筋30kgの人が持ち上げるのと、背筋110kgの人が持ち上げるのなら、後者の人がやった方が効率もいいし、個々の負担も少ないと思うのですよ。


そんな訳で、力仕事は私に任せろー、な所で全く役に立たなかった……。

そしてやっぱり痛い。

さらに変な歩き方になってしまって、台車に右足を轢かれた。


更なる激痛。

激痛により、一瞬時が止まった。



もうね、今日のコロナ右足は痛い事だらけですよ。

きっと、前世で悪い事してたに違いない。


腫れと痛みが引かなかったら病院行った方がいいんだろか。


しかし、私には「猫のゴロゴロ音」という最強の武器がある。

猫のゴロゴロの周波数で新陳代謝が促進され、怪我の治りが3倍になるのです!



さーて、今夜もモフモフしながら寝るのです〜_(-ω-`_)⌒)_

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。